展示案内

アジア・太平洋戦争における日本の戦没学生を中心に、彼我あらゆる戦争犠牲者にかんする資料(遺稿・遺品などの原資料、活字・映像資料その他)を広く収集 して展示します。「わだつみの悲劇を繰り返さない」誓いを後世に伝えていく施設として、常設展示のほか、特別企画展示をおこないます。


戦没学生の遺稿・遺品の展示

 戦没学生のご遺族により故人の形見として大切に保存され、ここに寄託された遺稿と遺品を、アジア・太平洋戦争の展開時期の区分にしたがって展示します。
 ● 学徒出陣へ
出陣学徒壮行会。冷たい雨の降る中、東京、神奈川、千葉、埼玉各県77校からの出陣学徒が東京帝大を先頭に分裂行進を開始すると、スタンドを埋めた学友、先輩を送る中学生、女学生たち6万5000人が帽子やハンカチを振り、歓声をあげて迎えた
=43年10月21日、東京・明治神宮外苑
 ● 大陸の戦野から
 日本の中国への侵略は、一九三一年の柳条湖事件による満州占領から新局面に入り(満州事変)、三七年に廬溝橋における衝突から日中全面戦争と なった。緒戦で軍事上優位に立った日本軍だが、確保できたのは点と線(都市と鉄道)だけで、広い地域の住民を支配することはできなかった。しかも戦時国際 法を無視して略奪・暴行・虐殺行為を繰り返す日本軍に中国民衆の反感は増大する一方だった。

 ● 戦火は太平洋上へ
 一九三九年、ヨーロッパで大戦が勃発した。四〇年、日本・ドイツ・イタリアは三国同盟を結び、四一年、独ソ戦を機に 日本は南進した。南方の資源確保をめざして、アメリカ・イギリスとの対立を深め、ついに一二月八日、日本はマレー半島上陸・真珠湾攻撃をしかけて、アメリ カ・イギリス・オランダなどとの太平洋戦争に入っていった。緒戦で日本は占領地を拡げたが、連合国軍の反撃で次々に後退していった。
 ● 「学徒出陣」とは──
 一九四三年一〇月、政府はそれまで大学・高校などの在学生に認められていた徴兵猶予の措置を文科系学生について停止 しました。これは各戦線においてとくに下級将校の不足が著しく、すでに軍事教練を受けていた知識・能力ある青年を戦闘に注ぎ込む軍事的要請のためです。先 に徴兵されていた同世代の青年たちの後を追い、学生たちは急ぎ各自の本籍地で徴兵検査を受け、合格者は、陸軍は一二月一日に入営、海軍は一二月一○日に入 隊しました。この徴兵猶予停止の措置により、在学中のままの、あるいは、繰上げ卒業させられた徴兵を「学徒出陣」と呼びますが、広義には、大学など高等教 育機関を卒業(中退)して職業生活をほとんど経験せず直ちに戦争に動員された青年たちの徴兵を言います。

 ● 敗戦への道
 日本の陸海軍はアジア・太平洋の全域で、制空権・制海権を失い、作戦の失敗と補給難により各戦場で「玉砕」(全滅)を重ね、多くの餓死者・病死 者を出していった。追いつめられた日本軍は、一九四四年一〇月のフィリピン戦線以後、特別攻撃隊の編成により反撃を試みた。特別攻撃とは操縦する航空機・ 潜水艇・小型舟艇に爆薬を積み、敵の艦船に体当たりする戦術である。短期間に訓練された学徒兵が多く特攻隊員に選ばれた。他方、アメリカ軍は日本本土の諸 都市に無差別爆撃を開始し、非戦闘員である市民に多数の被害者が出た。


 ● 戦後に
 一九四五年八月、アメリカが広島・長崎に原爆を投下し、ソ連が参戦したため、日本はポツダム宣言を受諾し、連合国に たいし無条件降伏した。戦争による日本人の死者は約三一〇万人、中国や東南アジア・太平洋における連合国側の死者と戦闘に巻き込まれた民衆の死者は、その 何倍にものぼり、彼我の戦争犠牲者は約二千万人に達した。戦争が終わっても、戦病死は続いた。裁判による戦犯処刑死もあったが、その中には、上官の命令に 従って戦争犯罪に問われた下級兵士や、動員された朝鮮・台湾出身の兵士・軍属が多かった。

戦没朝鮮人学徒兵の遺稿と関係資料の展示

 一九三八年から朝鮮人には志願制で軍務が課され、四三年三月に徴兵制が法制化されます(実施 は四四年四月)。四三年一〇月の「学徒出陣」、四四年一月二○日の「朝鮮人学徒出陣」は、形式上は「志願制」でしたが、実際は強制的なもの。朝鮮人学徒兵 の中には、軍隊内で抵抗運動を起こしたり、連合国側に加わったり、脱走に失敗し軍法会議で処刑された者がいました。

日本戦没学生記念会(わだつみ会)の歴史資料の展示

 1949年の『きけ わだつみのこえ』(第一集)の出版を機に発足して(1950年)から現在まで、わだつみ会が歩んだ道のりを、第一集・第二集の各版の刊行史と戦後の平和運動の歴史のなかでふりかえる資料を展示します。

戦時学徒必携「大東亜」地図

 戦火が太平洋上へ広がり、「学徒出陣」が迫られる時期に、文部省教学局校閲・日本文化協会編で出版された手帳型『戦時学徒必携』(一九四二年四月刊)の見返しに刷られた「大東亜略図」二枚です。学徒兵の戦いの跡を示しています。

年表パネル「中国侵略からアジア・太平洋戦争へ」

 1931年から1945年までの、高等教育機関に関わる事項を念頭におく、「15年戦争」の略年表です。このパネルのほかにも常設の説明パネルを今後増やす予定です。

戦没学生記念像「わだつみのこえ」

 北海道生れの彫刻家本郷新(1905〜1980)の代表作のひとつで1950年の作品(原型)。わだつみ会の委嘱により制作されました。 鋳造されたブロンズ像は東京大学構内の建立計画が拒否されたために、立命館大学構内に設置されました。その後全国各地に数体建てられています。日本平和文 化賞を受賞しました。

戦没学生の遺影

 戦没学生の手記『きけ わだつみのこえ』(第1・第2集)に遺稿が収録されている戦没学生のうち、ご遺族から当記念館に寄託された遺影をかかげます。

映像・音声資料の収集と公開

 映画「きけ、わだつみの声」(1950年=旧作・1995年=新作)をはじめ、アジア・太平洋戦争にかかわる内外の映像ドキュメンタリー資料や劇映画のビデオ・DVDなどを視聴できます。

資料閲覧コーナー

 階下の書架・文書コーナーに収納されている活字資料の閲覧席です。卓上には当館訪問者からのメッセージを寄せ書きしていただくノートが置かれています。