刊行物案内 (展示会図録・紀要・記念館だより)

展示会図録

※開館10周年記念 所蔵資料特別企画展 2016年    頒価1300+100(送料)
   (内容は「企画展と集会のお知らせ」をご覧下さい。

戦没学生の遺稿にみる「特攻」 2014年 頒価500円+100(送料) 切手可
遺稿(直筆、翻刻)+解説

 海上 春雄 1945年1月9日 フィリピンのリンガエン湾にて海上挺進隊員として戦死 享年23歳
 林 市造  1945年4月12日 沖縄海上にて特別攻撃隊第2七生隊員として戦死 享年23歳
 長谷川 信   1945年4月12日 沖縄海上にて特別攻撃隊武揚隊員として戦死 享年23歳
 佐々木八郎 1945年4月14日 沖縄海上にて神風特別攻撃隊第一昭和隊員として戦死 享年22歳
 大塚 晟夫 1945年4月28日 沖縄海上にて特別攻撃隊第3草薙隊員として戦死 享年23歳
 市島 保男   1945年4月29日 沖縄海上にて神風特別攻撃隊第5昭和隊員として戦死 享年23歳
 大塚 章  1945年4月29日 沖縄海上にて特別攻撃隊第4筑波隊員として戦死 享年22歳
 林 元一   1945年5月4日   沖縄海上にて特別攻撃隊第1魁隊員として戦死 享年23歳
 久保 惠男 1945年5月7日  徳島航空隊・特別攻撃隊員として訓練中殉職 享年25歳
 上原 良司 1945年5月11日 沖縄海上にて陸軍特別攻撃隊第56振武隊として戦死 享年22歳
 鷲尾 克巳 1945年5月11日 沖縄海上にて陸軍特別攻撃隊第55振武隊として戦死 享年22歳
 小川 清  1945年5月11日 沖縄海上にて神風特別攻撃隊第7昭和隊員として戦死 享年22歳
 林 憲正  1945年8月9日  本州東方海上にて神風特別攻撃隊第7御楯隊第2次流星隊員として戦死
                                         享年25歳
 水井 淑夫 1945年8月10日 フィリピン海上にて回天特別攻撃隊多聞隊員として戦死 享年23歳



 紀 要 Vol.2   2017年6月  頒価800+100(送料)  切手可
目 次
開設10周年記念事業の記録
 ◆所蔵資料特別企画展概要 2016年11月4日~12月7日

 ◆複製ブロンズ像建立
  本郷新作品・戦没学生記念像「わだつみのこえ」原型(エスキース)

 ◆開設10周年記念講演会 2016年11月9日
  講演 小池 新 学徒兵はどう描かれたか──「わだつみのこえ」とメディア

 ◆不戦の集い2016年 2016年12月1日
  記録映画「学徒出陣」(文部省編 日本映画社 1943年)
  講演 篠 弘 「学徒出陣」と短歌

記念館フォーラム──わだつみのこえにこたえて──第2回の記録
 ◆映画と講演 2016年6月25日
  映画 「チョウムンサンの遺書~シンガポールBC級戦犯裁判」
  講演 桜井 均 BC級戦犯を裁くとは、どういうことか?

運営記録抄 2015年10月1日~2017年3月31日
あとがき


紀 要 Vol.1  2015年11月  頒価800+100(送料)  切手可
目 次

戦没学生の遺稿にみる「特攻」特別企画展示概要
 展示期間 2014年10月20日~12月10日

特別企画展中の行事記録
 ◆映画とシンポジウム 2014年11月1日
  映画『KAMIKAZE──日本の若者たちへの死の命令』
     (ARDドイツテレビ 2000年)
  シンポジウム 「特攻」をめぐって
   講師 ミヒャエル・フェルト 高辻知義 池田信雄

 ◆講演会 講師 福間良明 2014年11月14日
   「特攻戦跡」の誕生と変容──知覧をめぐる記憶と忘却の力学──

 ◆映画と講演 2014年11月22日
  映画 『愛と誓ひ』(朝鮮映画社 1945年)
講演 ペヨンホン 「朝鮮人特攻兵の悲劇」

 ◆不戦の集い2014年 2014年12月1日
  記録映画「学徒出陣」(文部省編 日本映画社 1943年)
  講演 渡辺信夫 「学徒出陣七十年──いよいよ深まりゆく日本の闇の中で、
           なお希望を失わずに」
  歌曲「きけわだつみのこえ」(藤谷多喜雄・詞 伊東乾・曲)
     ソプラノ 新藤昌子 ピアノ 小ノ澤幸穂

記念館フォーラム──わだつみのこえにこたえて──第1回の記録
 ◆映画と講演 2015年7月18日
  映画 「KAMIKAZE──日本の若者たちへの死の命令」
        (ARDドイツテレビ 2000年)
  講演 信太正道 「最後の特攻隊員として」

運営記録抄 2014年10月1日~2015年9月30日
あとがき


記念館だより  NO.11 2017.5.20  A4 4頁
                送料100円(切手可)で贈呈します
 ◆報告
  ・開館10周年を記念して戦没学生記念像を館内に設置
  ・特別企画展「所蔵資料展」
  ・戦没学生の直筆が訴える「所蔵資料特別企画展図録」刊行
  ・企画展期間中の記念講演会
 ◆記事
  ・「零墨」 塩見昭(戦災死)の遺稿(山辺昌彦)
  ・平和ミュージアムめぐり
   焼けた東北帝大──「仙台市戦災復興記念館」(横宇史年)
 ◆図書・資料コーナーより
  ・寄贈『南溟多恨』(有坂長生追悼集)
     『兄・石下英夫の想い出』
 ◆来館者の「感想ノート」より
 ◆ネットワーク短信
  ・文京ミューズネット 
  ・平和のための博物館・市民ネットワーク
 ◆短信
「来館者」「ご寄付」「法人名称変更」「スタッフ紹介」
  「私家版資料寄贈のお願い」「記念館紹介番組・記事」(NHKラジオ深夜便「明日へのことば」、毎日新聞「特別企画展」)
 ◆訃報 小島晋治(副理事長) 猪熊得郎(理事)

記念館だより NO.10 2016.8.1  A4 4頁 無料
 ◆お知らせ
 ・記念館開設10周年記念「所蔵資料特別展示と記念事業」のご案内
  ・10周年記念事業募金のお願い
 ・「わだつみのこえ記念館紀要」第1号刊行
 ◆記事
・「零墨」 蜂谷博史(硫黄島にて戦死)の遺稿(總)
  ・平和ミュージアムめぐり
   戦没画学生慰霊美術館「無言館」(門脇 愛)
 ◆報告
  ・第2回 記念館フォーラムの記録 2016.6.25
   チョウムンサンの遺書~シンガポールBC級戦犯裁判」を中心に
   講演 桜井 均
◆来館者の「感想ノート」より
 ◆ネットワーク短信
・文京ミューズネット 
  ・平和のための博物館・市民ネットワーク
   ◆短信
「来館者」「ご寄付」「スタッフ紹介」「記念館紹介番組・記事」(NHK首都圏ネットワーク、東京ケーブルネットワーク、テレビ朝日、東京都交通局広報誌『ふれあいの窓』、近代日本文学館館報第266号、日本絵手紙協会『月刊絵手紙』、主婦と生活社『ためしいてガッテン』、しんぶん赤旗)「夏季休館日」
 ◆訃報 手塚久四(理事長)

記念館だより NO.9 2015.7.1  A4 4頁 無料
 ◆記事
  ・佐々木八郎の遺稿について(岡田裕之)
・「零墨」 関口清(宮古島にて戦病死)の遺稿(D生)
◆報告
  ・記念館設立8周年 特別企画展
   『戦没学生の遺稿にみる「特攻」』 2014.10.20~12.10
  ・期間中行事
◆映画とシンポジウム 2014年11月1日
     映画『KAMIKAZE──日本の若者たちへの死の命令』
              (ARDドイツテレビ 2000年)
     シンポジウム 「特攻」をめぐって
       講師 ミヒャエル・フェルト 高辻知義 池田信雄
   ◆講演会 講師 福間良明 2014年11月14日
    「特攻戦跡」の誕生と変容──知覧をめぐる記憶と忘却の力学──
   ◆映画と講演 2014年11月22日
    映画 『愛と誓ひ』(朝鮮映画社 1945年)
    講演 ペヨンホン 「朝鮮人特攻兵の悲劇」
   ◆不戦の集い2014年 2014年12月1日
    記録映画「学徒出陣」(文部省編 日本映画社 1943年)
    講演 渡辺信夫 「学徒出陣七十年──いよいよ深まりゆく日本の闇の中で、
             なお希望を失わずに」
    歌曲「きけわだつみのこえ」(藤谷多喜雄・詞 伊東乾・曲)
       ソプラノ 新藤昌子 ピアノ 小ノ澤幸穂
・企画展史料集発行 
◆来館者の「感想ノート」より
◆図書・資料コーナーより
  ・寄贈書
   『「学徒出陣」に向けて 日記抄』(田中敬治追悼集)
   『鈴鹿で出会って、別れて──学徒兵の青春』1991年刊(戦没学生 近 藤東一「随想」、その他収録)
 ◆ネットワーク短信
・文京ミューズネット 
  ・平和のための博物館・市民ネットワーク
   ◆短信
  「紀要1号発行」「来館者」「ご寄付」「スタッフ紹介」「夏季休館日」


記念館だより NO.8  2014.8.8  A4 8頁  無料
 ◆記事 
    ・ゼロ戦特攻体験と「永遠の0」考(手塚久四)
・「零墨」 田辺利宏(中国にて戦死)の遺稿(永野 仁)
◆報告
 ・学徒出陣70年記念 遺稿展、講演、公演(日本戦没学生記念会と共催)
   『不戦へつなぐ──戦没学生遺稿遺品展』 
           2013.8.12~14 於・江戸東京博物館ホール
  ・記録映画「学徒出陣」
   ・映画『きけ、わだつみの声(新・旧)
『日本国憲法』 『はだしのゲンがみたヒロシマ』
   ・講演「『終わらざる夏』をめぐって」(浅田次郎)、
      「転機に立つ日本──沖縄からみた安倍政権」(新崎盛暉)
   ・朗読・コーラス・独唱(中央区新婦人の会)
     上記の記録は日本戦没学生記念会機関誌「わだつみのこえ」NO.139に収載
  ◆展示会・公演・講演会に協力
  ・慶応義塾大学「慶應義塾と戦争Ⅰ 慶應義塾の昭和18年」
  ・早稲田大学「ペンから剣へ─学徒出陣70年」
  ・法政大学「学舎から戦場へ学徒出陣70年 法政大学の取り組み」
  ・公演(温個知新の会)「この命果つるとも」
   ◆オーストラリア放送協会企画
  「大学生に向けて岩井忠正さんが戦争体験を語る会」2014.7.24
  「海の特攻兵器「回天」と「伏龍」の体験」
                 (於・わだつみのこえ記念館)
◆来館者の「感想ノート」より
◆図書・資料コーナーより
  ・「わだつみのこえ」NO.4(1960年8月)より
    「戦中日記」(髙橋正衛)
 ◆平和ミュージアムめぐり
 「戦場体験史料館・電子版」(加藤宣子)
 ◆戦争展、朗読会のご案内(『きけわだつみのこえ』より)
「ピースあいち企画展」「戦争と子どもと若者たち」「語りと音楽」「未来をつなぐフェスティバル」
◆ネットワーク短信
・文京ミューズネット 
  ・平和のための博物館・市民ネットワーク
   ◆短信
「来館者」「ご寄付」「スタッフ紹介」「夏季休館日」




Comments